News
話し合っている男女

株取引等の投資と言えば、以前まではお金持ちが資産をより増やすために行うというイメージがあったものです。
ですがインターネットが普及して、ネット上で気軽に取引が行える様になって以降は、サラリーマンやOLといった人達の多くも投資顧問を利用して投資をしています。
特に若い方が投資顧問を探すにあたっては、投資顧問の評判を気にしています。
中でもトレーダーズブレインマーケット等の口コミが多くて信頼できる投資顧問として利用し、空いた時間で積極的、かつ安全に投資を行っている人が多いようです。
そんな株ですが、経営状態が安定している企業の銘柄を持っていれば、配当金を受け取る事が可能です。
ですが効率良く、しかも大きな儲けを出すには、株を売買するといった方法を用いる事になります。
ただし株価というのは、安く買って、高く売りたいという投資家達の思惑により、複雑な値動きをしているものです。
そのため、株価を先読みして株取引で安定して儲けを出すのは、簡単ではありません。
その上、株価の値動きをより複雑で厄介なものにする要素の一つに、仕手株があります。
仕手株というのは、豊富な資金力を有するプロの投資家集団が、ある特定の銘柄を大量買いする等して、投資家達の注意を引きます。
そして多くの投資家達が、その銘柄で儲けようと購入し始めて、株価が急騰した所で、プロの投資家集団は所有している株式を一気に売却して儲けを出すのです。
その結果、株価が一気に暴落し、売却が遅れた一般の投資家は大損する事になります。
ただし仕手株を仕掛けるプロの投資家集団の思惑を読む事で、中には同じ様な動きをして効率良く儲けを出す人もいます。
ですが株取引の初心者や経験が浅い人は、そういった先読みは難しいので、仕手株には手を出さない方が良いです。
特に仕手株として怪しいのが、低位株が、いきなり急騰し始めるケースです。
低位株とは、500円以下という株価の安い株式の事を言い、株価が安いため、プロ集団も大量買いをし易かったりします。
なのでそういった低位株が唐突に急騰を始めた際は、仕手株を疑い、初心者は下手に手出ししない方が無難です。

記事一覧
お金を出す人

仕手株はその企業の業績に関係なく株価を仕手集団が買い占めたり、あるいは売り浴びせたりして株価を乱高下...

株式のグラフ

仕手株の特徴は、その仕掛けた集団がある一定の価格で売り抜けることで利益をえるので、仕手集団が去ってし...

アーカイブ
サイト内検索